デリケートゾーンが黒ずむ原因には3つの原因がある

124

男性と違って女性には気になるデリケートゾーン

デリケートゾーンというのは、脇などに比べると他人には見られにくい部分でもあります。従って、どうせ見られないのであれば、それほど神経をとがらせる必要もないのでは?と男性の方であれば思うかもしれません。ところが、人一倍身だしなみを気にするという女性にとってみればそうではないようなのです。例えば、女性の下着も近年においては、上下お揃いというのが当たり前のようなファッションにもなっています。従って、もしデリケートゾーンが黒ずんでいたら気になるに違いありません。

デリケートゾーンが黒ずむ3つの要因

デリケートゾーンの黒ずみの原因についてですが、主な原因についてはメラニン色素の沈着とターンオーバーの乱れ、それに女性ホルモンバランスの乱れ、これら3つの要因が主に関係しているといわれています。そこで、まずはメラニン色素についてですが、メラニン色素というのは例えば紫外線などを受けると皮膚の下の層にあるメラノサイトと呼ばれる色素形成細胞が刺激を受けるようになります。その後、メラニン色素を作ることによって、有害な紫外線から皮膚を守ろうとして黒くなるような仕組みになっています。おまけに、メラニン色素というのはシミの原因にもなっているので、デリケートゾーンが黒ずむというのも納得がいくと思います。とくに、シミというのは男性でも加齢と共に、あれ!こんなとこにシミがあったかな?と思うことがあると思うのです。従って、腕や手それに顔のあちこちで見かけるようになったという男性も多いのではないかと思います。ただし、白人に比べると東洋人や黒人というのは、メラニン色素の沈着というトラブルが多い人種といわれています。そういう意味では、神経をとがらせたり逆にあきらめたりすることなく、気長にケアするということも大切でしょうね。

ターンオーバーの乱れ

次にターンオーバーの乱れという問題についてですが、人間の皮膚というのは常に新陳代謝を繰り返しています。大まかには、1か月程度のサイクルで表皮が生まれ変わりを繰り返しているのです。今ではどこもかしこもアスファルト化しており、ヘビというのも見かけなくなってきましたが、昔はヘビどころか、たまにヘビが脱皮した抜け殻というのも見かけることがありました。人間の場合も、こうしたヘビの脱皮と同じようにアカとか頭のフケのような状態になって、皮膚が角質化され剥がれ落ちるようになっています。ところが、加齢と共にターンオーバーのサイクルにも乱れが生じるようになってしまい、古い角質が剥がれ落ちなくなってしまい、ついにはメラニン色素が沈着したままの状態となってしまうのです。こうしたターンオーバーの乱れという症状は、加齢が原因となって皮膚の活性化が鈍くなったという証拠ともいえます。

ホルモンバランスの乱れ

3番目のホルモンバランスの乱れについては、デリケートゾーンの黒ずみというトラブルだけでなく、皮膚への潤い効果や皮脂の分泌作用などにも悪影響が生じるようです。とくに女性ホルモンバランスは、女性の妊娠や出産などでも乱れが生じるのですが、加齢によっても徐々にバランスサイクルに遅れが生じてしまうようです。とくに妊娠期においては、デリケートゾーンよりも乳首が真っ黒になるのは、女性の方であれば誰もが経験済みなのではないでしょうか。従って、ターンオーバーの乱れというのは、皮膚の黒ずみと大いに関係しているということも理解できるのではないかと思います。

様々なデリケートゾーンの黒ずみの解消方法や解消商品

123

下着を変えるという解消方法

デリケートゾーンの黒ずみという問題は、本当に仲の良い友達にしか相談できないような内容なので、誰にも相談できないまま一人で悩んでいるという方もいらっしゃるかもしれませんね。ちなみに、デリケートゾーンの黒ずみを解消する方法としてよく挙げられるのが、下着やナプキンによるデリケートゾーンの圧迫をできるだけ軽減させるという方法です。従って、ビキニタイプのショーツよりも男性がよく穿くようなボクサーパンツのようなタイプがよいかもしれませんね。また、化学繊維製の下着ではなくて、通気性のよい刺激が少ないコットンやシルク製の下着に変えるというのもよいでしょうね。

クリニックを利用する解消方法

皮膚科に見てもらうことで、メラニン色素の生成を抑えるようなハイドロキノンクリームやレチノイン酸クリームを処方してもらうというのもよい案でしょうね。さらには脱毛クリニックで、デリケートゾーンの無駄毛を除去してもらったり永久脱毛をしてもらうと、無駄毛に生理の血が付かなくなったりナプキンかぶれなども軽減されます。それから美容クリニックでは、レーザー光線を黒ずみが気になる皮膚に照射させて、メラニン色素を破壊するといった大掛かりな治療方法もあるようです。もちろん、黒ずみを解消させる方法というのは人それぞれなので、実際に多くの女性が様々な方法でデリケートゾーンの黒ずみの解消にトライしているようですね。しかしながら、日本人を含め東洋人というのは、黒人程ではないにしろ白人に比べると、人種的には色素沈着が起こりやすい人種でもあるので、あまりコンプレックスを抱かないように割り切ってしまうというのもよいかもしれませんね。

デリケートゾーン専用の市販クリーム

近頃では、健康ブームと相まってスキンケア用品や化粧品の技術レベルも相当向上しています。従って、デリケートゾーンの黒ずみを解消するということに特化した専用のクリームや専用の石鹸なども、数多くのメーカーから発売されています。そのためネット上においても、購入した方の口コミ評価の高いものから順番にランキング形式で、いろんな商品が掲載されているサイトも数多く見受けられます。例えば最近ネット上でよく見かけるのは、デリケートゾーンの黒ずみを解消するために、いろんなメーカーが販売している専用クリームの口コミ評価ランキングサイトです。ちなみに、どのランキングサイトでも常にナンバーワンのクリームがあります。それは、「イビザクリーム」という商品です。どのランキングサイトにおいても、常にナンバーワンに君臨しているこのイビザクリームは、総合的に購入した方々の口コミ評価が高い商品なのだと思います。そこで、実際に公式ホームページを拝見してみたのですが、いろんな女性誌で宣伝されているらしく、その宣伝効果も相当影響しているのかもしれませんね。何せ、人には気軽には言えないような部分の悩みということもあって、医者に診てもらうことなく通販で簡単に購入できるのであれば!ということで購入しやすいのかもしれませんね。ちなみに2位以降の商品になると、多少いろんな商品が前後し合ってますね。ただし、いずれの商品においても、購入者の口コミ情報を拝見していると、クリームや乳液に配合されている美白成分や保湿成分が、デリケートゾーンの黒ずみというトラブルを緩和されてくれるようですね。

デリケートゾーンが黒ずむ原因、あるいはその改善方法とは?

122

トラブルの原因や発生源の解明

世の中には、デリケートゾーンが黒ずむという皮膚のトラブルで悩んでいる女性は多いでしょうね。ちなみに、このデリケートゾーンが黒ずむというのはメラニン色素の色素沈着という皮膚トラブルが絡んでいるのです。しかも、デリケートゾーンの黒ずみを改善するためには、まずはその原因を知ることから始めるべきでしょうね。やはりトラブルの原因や発生源というものを解明しない限りにおいて、適格な改善方法も見出すことができないと思うのです。そこで、まずはデリケートゾーンが黒ずむ原因についてですが、大きく分けると3つの原因が挙げられます。

デリケートゾーンが黒ずむ3つの原因

一つ目は、デリケートゾーンの無駄毛の処理をする際に、カミソリによる皮膚への摩擦や刺激が原因として挙げられます。やはりデリケートゾーンという部分は、皮膚の層がきわめて薄いために、カミソリでゴリゴリと擦るだけでも色素沈着を引き起こしてしまうといわれています。そこで、その改善方法についてですが、やはりエステサロンのフラッシュ脱毛やクリニックのレーザー脱毛がベストといえるでしょうね。二つ目の原因としては、下着による締め付けや下着が擦れることが原因となって、デリケートゾーンが黒ずんでしまうといわれています。とくに下着による締め付けというのは、皮膚が圧迫されるのでその部分の血行が悪くなってしまいます。従ってその改善方法としては、ゆったりとした下着を身に付けることがベストでしょうね。やはりワンサイズ上の下着を身に着けると、見かけは多少悪くなるかもしれませんが、デリケートゾーンの黒ずみ対策には適していると思われます。そして三つ目の原因には、ホルモンバランスの乱れという問題が挙げられます。とくに女性の場合、生理が定期的に訪れます。こうした生理の前あたりになると、どうしてもホルモンバランスが乱れやすい傾向があります。おまけにホルモンバランスが安定しない時というのは、お肌も通常の時よりも敏感な状態になっています。そうなると、余計にデリケートゾーンへのちょっとした刺激や摩擦でも、色素沈着というトラブルへと発展しやすいといわれています。

生活習慣の改善

デリケートゾーンの黒ずみという症状を改善する方法についてですが、すでに申し上げた改善方法以外にも取り組むべきいくつかの項目が挙げられます。とくに、生活習慣を見直して規則正しい生活を心がけることも大切です。例えば、お肌のトラブルを回避するためには、十分な睡眠時間を取るということは大切です。またストレスを溜めないということも大切です。それに食生活の面においても、偏った食事をしている人はすぐに改めて、栄養バランスのよい食事を心がけることもお肌のトラブルを回避するためには大切なことです。

日頃のスキンケア

デリケートゾーンの黒ずみの改善方法としてスキンケアの面においては、しっかりと保湿をするということも重要です。従って、デリケートゾーンの黒ずみを改善するために市販されているクリームには、どれも保湿成分が沢山含まれています。どうしてお肌が乾燥しているとよくないのかと申しますと、お肌が乾燥してしまうと皮膚が固くなって肌荒れのトラブルを招いてしまいます。もちろん、そんな肌荒れのトラブルはデリケートゾーンの黒ずみに拍車をかけているようなものです。そうしたことから、デリケートゾーンの黒ずみを改善するてっとり早いスキンケアとしては、「イビザクリーム」や「ハーバルラビット」「ヴィナピエラ」といった市販のクリームがおすすめです。

ネットランキングで人気の高いデリケートゾーン用ケア商品

121

デリケートゾーンの黒ずみに欠かせない日頃のケア

女性には定期的に月経というものがあるために、男性以上にデリケートゾーンを清潔に保っておくことが大切です。おまけに生理用ナプキンなどを付けると、汗で蒸れやすくなったり雑菌などが繁殖しやすくもなるでしょうね。そういう意味では、なるべく刺激の少ない石鹸でデリケートゾーンをいたわるようにして洗浄することを心がけながら、常に清潔に保っておくことが大切です。

デリケートゾーンのケアの仕方

石鹸などで洗浄すると、デリケートゾーンの皮脂成分などが必要以上に奪われてしまうことにもなるので、洗浄後のケアというのも顔の部分の洗顔やケアと同じくらいに必要となってきます。それに、デリケートゾーンの皮膚の層というのは、わずか6層分程度しかないといわれています。ちなみに身体の他の部分になると、皮膚が10層にもなっているといわれています。そうしたことからもデリケートゾーンといわれる所以が、理解できるのではないかと思います。さて、そうしたデリケートな薄い皮膚の層で成り立っている部分でもあるので、洗浄による清潔なケアはとても大切です。また、保湿成分を補うケアというのも必要以上に大切になってくるでしょうね。何せ、皮膚の層が薄い分だけ水分をストックしておくような保湿能力の面で余裕がないのですからね。ちなみに、分厚いタオルと薄いタオルとでは水分吸収能力だけを比べてみても、相当な違いがあるのと同様に、デリケートゾーンを洗浄した後のケアが要ともなってくるのは明らかです。

デリケートゾーンの乾燥には要注意

やはり一番気を付けたいのは、デリケートゾーンの乾燥についてです。乾燥肌というのは、皮膚が痛みやすい傾向にあることから、黒ずみという症状も顕著に現れやすいと思われます。そこで、洗浄後に使う化粧水や保湿クリームの選び方に対する気配りが大切になってきます。例えば、すでに市場に数多く出回っている保湿クリームの中でも、とくにデリケートゾーンの黒ずみケアに特化した保湿クリームというのもいろいろとあるようなのです。従って、そうした人気の高いケア用品を使うというのも良い案といえるのかもしれませんね。

ネットランキングで人気の高いケア用品を選ぶ

ちなみに、デリケートゾーンの黒ずみケア用の保湿クリームということで、ネットで調べてみるとイビサクリームという商品があることが分かります。このイビサクリームのトップページには、アソコの黒ずみでお悩みのあなたに!というキャッチコピーが真っ先に目に飛び込んできます。おまけに、60日間の返金保証付きとなっています。その他にも、このクリームにはいろんな保湿成分が含まれてようなのです。しかも、メーカーが何年も研究を重ねた結果販売しているということなども掲載されています。また、こうしたケア用品を選ぶ上においては、口コミ評価の高い保湿クリームを使ってみるというのも、デリケートゾーンの黒ずみ対策の一番の近道といえるのかもしれません。従って、デリケートゾーンの黒ずみ対策専用のクリームについても、イビザクリームだけでなく、いろんなメーカーが専用のクリームを販売しています。おまけに、専用クリームがランキング形式で掲載されているネットサイトなども数多くあります。ただし、ネットサイトが違うとランキングの順位も変わってしまいます。そういう意味では、どのクリームが適しているのか!ということも一概にはいえませんが、やはりネットランキングで常にベスト3に入っているようなクリームは安心できるでしょうね。

デリケートゾーンの黒ずみにとても大切な日常的なケア

120

日常的なケアの重要性

デリケートゾーンの黒ずみ対策をする上で、日常的なケアの重要性についてご紹介をしてみたいと思います。やはり、デリケートゾーンの黒ずみの原因ともなっているメラニン色素が発生しにくいような心づかいをするということが大切だと思います。一般的にデリケートゾーンとは、主にV・I・Oの部分を指していいます。もう少し詳しく申しますと、Vとはビキニラインで、Iとは股の間の部分、そしてOとはヒップの奥の部分に相当します。従って、そうした敏感なV・I・Oの部分への刺激をより少なくするということが大切です。

デリケートゾーンのケアで重要な下着選び

デリケートゾーンが黒ずまないようにするために大切なことは、まずは下着選びです。ピッチリとした小さい下着や締め付けの強いガードルを着用せずに、ゆったりとしたボクサー系の下着や肌に優しい素材を使った下着を選ぶということが大切です。とくに近年では、ポリエチレン系や化学繊維が多く使われている下着が多い傾向にありますが、コットン100%とかシルク系の素材を使った下着をあえて着用するというのも重要です。ちなみに若い女性の方であれば、デザインの良い小さくてかわいい下着についつい目がいってしまう傾向にあります。ところが、そういう下着に限って通気性の悪い化学繊維を多く使っているのがほとんどです。おまけに、皮膚への刺激が弱い優しい下着を選ぶということにもなると、見た目の印象とは随分とかけ離れてしまうように思うかもしれません。一方、レースを多用しているタンガー系下着などは、見た目やデザインもおしゃれなので良いし、肌への締め付けも幾分弱い素材といえるのかもしれませんね。

デリケートゾーンに使う石鹸選びも大切

デリケートゾーンに使う石鹸などにおいても、界面活性剤という油を分解する成分や化学合成添加物などが多く使われている石鹸が市場には数多く出回っています。こうした石鹸は、確かに油が分解されやすく泡立ちが良かったりします。従って、皮膚の油汚れなども落ちやすいのでは?という印象を持った方が多くいらっしゃると思います。ところが、石鹸でゴシゴシとデリケートゾーンを洗い過ぎると、乾燥や肌荒れあるいはかぶれなどの症状を引き起こしかねません。やはり、デリケートゾーンなどを洗う石鹸というのは、化学合成添加物や界面活性剤などが含まれていない天然系の成分を多く含んだ弱酸性の石鹸を使うようにすることが大切です。そうした石鹸を選ぶことで、肌への刺激を少なくするように心がけるべきだと思います。

石鹸のペーハー度合について

人間の皮膚というのは弱酸性に保たれているのですが、その場合弱酸性系の石鹸を使うと皮膚に対する刺激や抵抗が少ないためによいのはもちろんです。しかしながら、逆にアルカリ性の石鹸を使ってみると、弱アルカリ性に傾いた皮膚が本来の弱酸性の方向へ戻ろうとして、かえってターンオーバーのサイクルが活性化するという意見もあるようなのです。もちろん、そうした意見というのも理にかなっているようには思われるのですが、人それぞれの皮膚にも抵抗力などの面では随分と差があります。そうしたことからも、デリケートゾーンは身体の中で最も皮膚への刺激に弱い部分なので、なるべくであれば弱酸性系石鹸を使うほうがよいでしょうね。

年頃の若い女性であれば気になるデリケートゾーンの黒ずみ

119

下着の締め付けによる刺激や摩擦には要注意

世の中の若い女性の多くが、デリケートゾーンの黒ずみに悩んでいるといわれます。どうしてデリケートゾーンが黒ずむのかというその原因については、ちょうど下着を付ける部分にも相当するために、下着による締め付けによる刺激や摩擦などが主な原因とされています。もちろん、そうしたデリケートゾーンが黒ずむ経緯についても、いきなり黒ずむというわけではありません。あくまでもその初期状態というのは、下着のゴムや布地の部分が皮膚を締め付けて圧迫するために赤くなる程度です。また、この皮膚が赤くなる仕組みについても、具体的には皮膚の表面の角質層から何層か下にある基底層という部分にあるメラニンサイトという色素細胞がメラニンの生成を活性化するために赤くなるといわれています。しかも、こうした下着による圧迫感や刺激というのは、裸でお風呂に入っている時以外は常時刺激を受けているということにもなります。余談にはなりますが、太陽光線の中にある紫外線を浴びると日焼けをしてしまいます。これもメラニンサイトという色素細胞が、メラニンの生成を活性化させることで、皮膚が紫外線によるダメージを受けないようにしようとするためであるといわれています。

デリケートゾーンの黒ずみとターンオーバーの関係

メラニンサイトという色素細胞がメラニンの生成を促され続けると、皮膚細胞の新陳代謝にも乱れというのが生じるようになってきます。ちなみに、この皮膚細胞の新陳代謝のことをターンオーバーと一般的にはいいます。そして、ターンオーバーに乱れが生じるとメラニンを含んだ古い角質が剥がれ落ちなくなってしまうといわれています。そうなると、うまく排出されないメラニン色素は、メラニン色素の沈着という症状となってしまいます。その後最終的には、デリケートゾーンの黒ずみとなって目で確認できるようにまでなってしまうというのです。

デリケートなデリケートゾーンの皮膚

角質層の何層か下には、基底層と呼ばれる皮膚の層があります。しかもデリケートゾーンというのは、皮膚の上層の角質層から基底層までの層の厚みが、他の部分に比べて薄いといわれています。そうした薄い皮膚構造もデリケートゾーンが黒ずむという大きな要因になっていると思われます。例えば、壁をドンドンと叩いた場合、薄い壁と分厚い壁を叩いたのとでは振動も随分と違ってくるのと同様です。もう少し詳しく申しますと、デリケートゾーンというのは皮膚の表面から、6層分程度しか皮膚細胞の層がないといわれています。一方、その他の部分は10層分相当の皮膚細胞の層からなっているそうなのです。そして、足の底にもなると50層分相当からの皮膚細胞にもなっており、そうしたことからもデリケートゾーンがどれだけ皮膚表面から受ける刺激が、影響を与えているかということが理解できると思うのです。もちろん、元々そういう身体的な構造になっているのだから、仕方がないといえばそれまでなのですが、そうしたことをあらかじめ知っておくと、今後のデリケートゾーンのケアの仕方も違ってくるのではないでしょうか。